蛇の市について

日本橋に魚河岸があった明治二十二年、屋台「蛇の目鮨」として創業しました。初代・市太郎の時代に贔屓にしていた、文豪・志賀直哉氏が「蛇の目の市ちゃん」と呼んでいたことから、現在の店名「蛇の市」に。

 

砂糖を使用しない赤酢の酢飯と、創業当時から継ぎ足しされる煮詰めの穴子や新鮮な素材を使い、本格的な江戸前鮨を気軽に味わえます。

 

個室を備えた洗練された店内で、伝統の味と技をお楽しみください。

DSC_1697.jpg
DSC_1725.jpg